トロントの乳ガンの研究室でラボマネージャをしているママがえるの子育て日記


by kokaeru2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

トロント補習校

ちびかえるは土曜日も学校に行くことになりました。補習校です。今日は初日。
ボストンでは、日本人学校、と言っていましたが、トロントでは、トロント補習校と言います。いただいた、学校のしおりのトロント補習授業校校則のなかに、「本校は、トロント日本商工会が設立した私立学校で日本名をトロント補習授業校と称する。」とありました。確かボストンは、文科省指定の日本人学校でしたが、トロントは違ったんですね。ボストンは日本から校長先生が派遣されます。しかし、トロントは、そのようではないようです。トロントは日本の企業もあり、その駐在員の家族のために、企業が働きかけて、創られたようです。いろいろあるんだなあ、と思いました。
さて、トロントの補習校の場合、子供はみんなお弁当があります。幼稚園は年長さんだけですが、授業は9時から1時まで。ボストンのようにスナックの時間はありませんが、お弁当があります。小学生から高校生までは午後3時まで。企業によっては、スクールバスを運行しているところもあるそうです。小学生の兄弟やスクールバスを待つために、幼稚部はアフタースクールが父兄のボランティアで運営されています。
また、この補習校は、日本へ帰国する子供を対象にすること前提をしています。ですので、ボストンの日本人学校のように、ちびかえるのクラスメートの半分の名字がカタカナ、と言うことはないようです。一方、国際結婚された方や、永住された方は、日本語だけを勉強する学校が、トロントにはあるようです。
幼稚園でも、毎週宿題があるそうです。現地校でも、2年生までは、あまり宿題もない、と聞いていましたが。家でも勉強する習慣が早くからつくといいなあ。と言うか、そのくらいがんばらないと、日本語はままならないんですね。
図書館には、20000冊の蔵書があるそうで、幼稚部から、図書館に行って本を借ります。早速、ちびかえるは、恐竜の本を2冊、電車の本を1冊借りてきました。
新しい現地校、新しい補習校。ちびかえるが早く新しい環境になれて、友達が出来てくれるといいなあ。
[PR]
by kokaeru2 | 2007-09-09 10:08 | 子かえるたち