トロントの乳ガンの研究室でラボマネージャをしているママがえるの子育て日記


by kokaeru2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 12 )

大掃除開始

不動産屋の話を聞いて、まず、マーケットに出してみよう、練習のつもりで。ということで、クリスマスイブに契約を交わした。
さあ、これから大掃除。たまった汚れを落とすこと。不必要なものを捨てること。そして、ものを隠すこと。
ママがえるの仕事がなくなって、一日家に居れる、というのは大きい。キャンプがキャンセルになった子かえるたちが家に居るというのは、邪魔のような気もするが、自分たちのものは片付けてもらうには、ちょうど良いかもしれない。
たまった汚れは、お風呂場がひどい。タイルのネジメのカビを取るには、どうしたらいいのか。あまり漂白剤とか使いたくないので、お酢をたくさん使って掃除してみたが、赤カビは取れるけど、黒カビはどうしても色が落ちない・・・スーパーに行って、いろいろな洗剤の成分を見比べてみては、どれが一番効くのだろうか?と悩んだ。もしかして、と思って過酸化水素を使ったら、結構取れる。これで、かなりお風呂場はきれいになった。
その他で大変だったのは、レンジ台の上。かえる家のレンジはフラットな電気のレンジなのだが、吹きこぼしがそのままフラットの表面にこびりついてしまうのだ。これをとるのに労力と時間がかかった。日本で売っている、劇落ちくんのスポンジを使うと、割と綺麗になるけど、スポンジの表面には何が着いているんだろう?と思ってしまった。
不必要なものを捨てるには、パパがえるが大活躍。どんどん捨ててくれる。パパがえるはものが多いのが嫌いなので、これもいらない、あれもいらない、とママがえるの恐怖心をあおる。パパがえるに捨てられる前に、うまく隠さなければならない。でも、かえる家の家ってあまり収納スペースがないような気がする。うまく死角を利用して、隠し込んだ。不動産屋さんのアドバイスで、IKEAで同じサイズの収納ボックスをいくつか買って、最後にどうしても片付かない小物を入れて、部屋の隅においておくといい、と教えてもらって、そのようにした。
家を売るにあたっての片付けは、家を広く見せることなのだ。床面積を広く見せる。ちょっとした小物は隠した方が広く見える。家を広く見せることによって、見に来る人が、家を買ったらどうしたい、という想像力を駆り立てられるらしい。
あまり家に居ることのないママがえるだから、掃除はいつも後回しだった。こんなに掃除したのって・・・結婚して初めてじゃない?
[PR]
by kokaeru2 | 2014-12-25 03:59

子かえるたちに報告

ちびちびかえるのクロスカントリーのカンファレンスミートが終わって、子かえるたちに、来年ニューヨークに引っ越すことを伝えた。ちびちびかえるのカンファレンスミートの前に伝えてしまうと、ちびちびかえるが動揺してしまうんじゃないか、とママがえるが心配したから。
子かえるたちの反応は、もちろん、嫌だって。そりゃそうだな。でも、仕方がない。前向きに捉えてくれたらいいなあ。
実際、引越しまでまだ時間があるし、トロントでの最後の学年、いろいろなことに積極的に取り組んで、頑張って欲しいものだ。とくに、ちびかえる。
[PR]
by kokaeru2 | 2014-10-19 10:54
f0144432_513459.jpg

ママがえる、 Weekend to End women’s cancers walkに参加することにしました。去年の12月、クリスマス直前、子かえるたちが行っている学童の先生、アネットが乳がんで亡くなりました。その彼女のために、今回参加しようと思った訳です。そんなに個人的に親しい関係でもなかったのですが、昨年の春、治療中の彼女に“偶然”にもママがえるが働いている病院で出会ってしまったのです。彼女がその前から学童を休んでいるのは知っていましたが、理由は知りませんでした。しかし、病院で彼女にあった瞬間、皮肉にも知ってしまいました。彼女は、化学療法がもうすぐ終わって、手術を受けて、9月には仕事に戻るから、と話していたのですが、彼女は、現場に戻ること無く、去ってしまいました。もし、私が彼女に病院で出会わなかったら、そこまで思い入れは無かったと思います。一つの後悔は、彼女がママがえるが働いている病院に治療に来ているなら、もっと積極的に会えたのではないか、ということです。彼女と会った時に、ステージ3の乳がんが見つかったけど、治療は順調だし、また戻ってくるから、という言葉を信じて、きっとまた会える、と思ったのですが、現実は、違ったものでした。たまたま、いろいろな状況も重なり、彼女が生きている間に何も出来なかったので、彼女のために歩こう、決めました。
北米では、たくさんのチャリチーウオークやリャリティーランがあります。テリーホックスもその一つです。今回、ママがえるが参加を決めた、 Weekend to End women’s cancers walkは、登録して、ファンドレイジングが必要です。ウオークの前までに、決められた金額のファンドレイジングをしなくてはいけません。もし出来なければ、自分でその差額分を払わなければ行けないのです。最近、家を買ったばかりで、不安はありますが、一歩、踏み出してみることにしました。
それで、このブログでも、リンクを紹介します。実名がばれてしまうのは、ちょっと恥ずかしいのですが、もし、ママがえるのブログを読んで下さる方の中で、募金して下さるのであれば、大変感謝です。
他の人に募金をお願いする過程の中で、募金募集に不慣れな日本人のママがえるとしては、複雑な気持ちです。50%は、十分な募金が集まるかという不安から。残りの50%は、もし、何かしたいけど何をしていい分からない、という人がママがえるに募金して下さることにより、ママがえると心を合わせて、何か出来るのではないか、と期待するからです。どうなるかわかりませんが、何か面白い化学反応が起きたら面白いなあ・・・と思っています。また、ぼちぼちこちらの方もアップデートと出来るように、がんばります。
チームのウェブサイト
ママがえる個人のウェブサイト:近いうちにアップデートする予定です。英語で作文書かなくっちゃ・・・
[PR]
by kokaeru2 | 2013-06-17 05:09

ネズミ捕獲作戦

新しい家に住み始めておよそ3ヶ月。冬もやっと終わりそう。雪が降れば、雪かき。地下室に水が漏れないように家の周りの雪かきは大事だ。それに、ラクーンの出現。コンドに住んでいたら知らなかった事をいろいろ体験した。
季節が変わると、新しい事を学ぶようになる。まずは庭。冬の間に落ちた枝や取り残した落ち葉を拾い集める。芝が伸びれば芝刈り。芝の伸びが悪ければ、栄養剤を与えたり世話が必要だ。芝ばかりでなく、その他の庭の草木にも同じ事が言える。幸い、今のところ、あまり草木がないので、そんなに心配しなくてもいいが。
そして、暖かくなると活動が活発になるのがネズミ。トロントのコンドにいる間、ネズミの心配などした事がなかったから、まさかネズミが出るとは疑わなかった。が、どう考えたって、これって、ネズミの糞だよね、というものを台所で発見。認めたくなかったが、いつまでも、このまま放置は出来ない。パパがえるに、「これって、ネズミの糞かな?」と同意を求めたら、そうだった。信じたくないけど、キッチンカウンターの上とか、電子レンジの上で見つかるものだから、どうしてこんなところまで登って来たのだろう?よく見ると、電子レンジを置いてあるところは、台の上なのだが、冷蔵庫の電源コードのための穴があいている。どうもそこから登って来たのかもしれない。という事で、そこを年度で塞いだ。キッチンカウンタートップには、どうやって上がって来たのだろう?好き派らしいものはないのだが、ストーブの後ろが少し開いているから、そこかもしれない。日本で買ったレンジの隙間を埋めるアルミのテープをしっかり貼った。これで来なくなるといいのだけれど。
それに、パパがえるがネズミ捕りを買ってきた。強力粘着剤がついているものだ。他にも、えさを使ってバチンと捕まえるネズミ捕りもあったのだが、パパがえるが、捕まえたネズミを見るのが嫌だから、と選ばなかった。ボストンにいた時につかったトムキャットという名のネズミ捕り、もう捨ててしまったかな?トロントには無かったそうだ。とにかくこれで捕まるといいのだけれど。
[PR]
by kokaeru2 | 2013-04-17 01:24
マーチブレイクの初日に、子かえるたちの現地校の日本人の方を新しいかえる家に招待した。オープンハウス、という事で、その間好きな時間に来て下さい、という感じ。一応、ママがえる、午前中はお仕事なので、仕事を終わらせて、急いで帰って来て、あわてて子かえるたちを食べさせて、お客様の準備をして・・・最初のお友達が早速遊びに来てくれた。子供達は、地下の部屋で遊んでいてちょうだい。大人は上でお茶をしながらおしゃべりだから。お茶菓子を用意したり、飲み物を用意したり、ゲストが来る前に終わらなくって・・・ばたばた。それから、一人、また一人と尋ねて来てくれました。もちろん、子供は地下へ、大人はお茶。たまたま来てくれたのは、移住組の方ばかりだったので、そうなると、話題がこれからの生活の事になる。子供の事とか、住宅購入、年金、などなど。なかなか移住組だけで会う機会ってなかったようだ。意義のあるお茶会になったようだ。
最後に、皆さんに家の中のツアーを。 問題の台所の電気を見せたり、まだまだ散らかっていて、ちょっと恥ずかしいのだけど、家の間取りとかはマンションに住んでいる方とはまた違うので。 友達の一人がお風呂が深い事に気がついて、「いいなあ。」とうらやましがっていました。いいですよ深いお風呂。肩まで浸かれます。深いお風呂は、前住人が残していってくれたものだけど、マンションのお風呂よりは深いので、ラッキー。地下も、子供達が8人ぐらいいてもちょうどいい大きさなので、子供達だけでも十分遊べる空間でいい感じね、と。
時間はあっという間に過ぎていく。予定より1時間以上遅くなってお開きになりました。子供達も、いろいろと遊べて楽しかったようです。また、機会を作ってみんなでおしゃべりしたいですね。
[PR]
by kokaeru2 | 2013-03-11 04:55

お隣宅訪問

ファミリーデーのロングウィークエンドの前の金曜日、トロント市内の学校はPAデーなのだ。普通だったらお友達の息子さんにベビーシッターをお願いしているのだが、この冬休みから、頼んでいないのだ。冬休みの間は、お互いの都合が合わなかったのだが、それを機に、子かえるたちだけでも、数時間なら家でお留守番出来そうなのだ。そうなると、子かえるたちをわざわざダウンタウンまで連れて行かなくていいので、子かえるたち自身も自分たちで自由に使える時間がある。(その自由時間は、全部ゲームにすっ飛んでいくのだが。)そんな訳で、2月の PAデーも朝パパがえるがちょっと一緒にいて、ママがえるがお昼頃帰るパターンに。
午後から、図書館に行こうか、と言っていたのだが、ママがえるが家に帰るとゲームばかりしているし、全然図書館に行ける感じでもない。ママがえるもしびれを切らしてしまった。(ママがえるの堪忍袋の緒が短くなっている。)「もう図書館には行かなくてもいい!」
暫くして、家にいても面白くない事に気がついた子かえるたち。でも、もう遅い、ママがえるは図書館には行かないぞ。そうすると、ちびちびかえるが、お隣に遊びにいってくる、と言って行ってしまった。先日、閉め出しを食らってお隣にお邪魔した経験があるので、ちびちびかえるはもう顔見知り。暫くして、ちびちびかえるは、ちびかえるを呼びにきた。何と、お隣にはランニングマシーンがあるのだ。エネルギーがあまり余っている子かえるたちには絶好のアクティビティ。開けてしまったクッキーの箱を持って、ママがえるとちびかえるも、お隣に遊びに行った。お隣の奥様とは、まだあった事がなかったママがえる。とても気さくな方で、子かえるたちにランニングマシーンを使わせてくれて、子かえるたちが走っている間にママがえるとおしゃべり。彼女の笑い方は、なかなか豪快で、スカットする。猫を二匹飼っていて、一匹が今でゴロゴロしていたが、ちびちびかえるが、しっぽを触りだすと、逃げ出してしまった。実は、お隣はまだ結婚式を挙げていないとか。この春にフロリダで結婚式を挙げるとおっしゃっていた。ご主人も、とてもチャーミングな方だ。バレンタインデーのカード、二人とも別々に準備したのに、渡したら同じカードだったって、一時間近くお邪魔して、ちびちびかえるのピアノのレッスンがあるので、おいとまをした。お隣と仲良くやっていけそうで、よかった。
[PR]
by kokaeru2 | 2013-02-15 08:14
新しい家は、住んでみると、いろいろ手を加えたくなるところが出てくる。その一つが、洗面所の棚。洗面所には大きな鏡は付いているけれど、収納スペースがほぼ皆無。コンドに住んでいた時は、だいたい洗面所の鏡の後ろは棚がついているので困らなかった。なので、洗面所で棚がないなんて、考えられなかった。でも、今の家にはないのだから、考えなくっちゃ。ホームディポやRONAなどのDIYの店舗やウェブサイトを見てみても、なかなか「これだ!」と思える物がないのだ。 IKEAに本箱を返品しに行った時など、バスルームのセクションで、いろいろ物色してみた。これ、と思った物のサイズを測って家に帰って調べてみると、サイズが合わない・・・結局、ガラスの棚を鏡の横につけるのが一番だ、という結論に。
コンドに住んでいた時は、穴を開けたりするのを躊躇したが、今の家は自分たちの家なので、自分たちに合ったようにアレンジできるのは嬉しい。けど、思うようにいかない事もあったり、手間がかかったり、いろいろ難しい事も分かった。 ぼちぼち、かえる家仕様に変えていけばいいんだよね。
[PR]
by kokaeru2 | 2013-02-11 03:37

頭金の準備

家を買うための頭金。全てをカナダドルで持っている訳ではない。日本円もあれば、アメリカドルもあり、それらを全てカナダドルに替えなければ行けない。どのような方法で換金するのが、一番いいのか。カナダドルより、日本円とアメリカドルを足した方が額が大きいので、換金をいいレートでできるかで頭金の準備額も変わってくる。また、いつまでに頭金を準備しなければ行けないのか。銀行で、ローン契約をするまでに、しなければ行けないのではないか、とか、いろいろ悩んだのだが、結局、Closing day前でも大丈夫らしい、ということが分かってきた。それで、ちょっと金策問題でイライラすることが減った。
日本円は、シティーバンクから送金できるのだが、今まで、日本からカナダに送金したことがなかった!慌ててカナダへ送金できるように書類を準備し、日本へ郵送。また、アメリカドルは、バンカメとシティーバンクの両方にあるのだが、それをどうするか。それで銀行で聞いたら、アメリカドルの口座があるから、それに全部移してからカナダドルに替えるとレートもいいそうだ。それで、バンカメからアメリカドルを移そうと、11月の終わりに、バンカメの小切手でアメリカドルの口座に入金したら、20日営業日かかる、と言われて、計算したら12月24日?!これで間に合うのか?!とほんと気をもんだ。バンカメの銀行手数料がかからないように、最低金額分を銀行に残していたので、銀行の口座を閉めて、残りのお金をもらってこなくては。そのためには、アメリカに行かないと・・・一番近いアメリカ、バッファローに12月26日に行く?26日なら、カナダは休みなので、休暇を取らなくていい。が、ことは一刻を争う。クリスマス前の24日に行くことになった。これで、アメリカドルは準備できそう。
日本円は実はほとんどなかったのだが、大阪の爺婆かえるからお金を借りた分の日本円を12月頭に送金。シティーバンクから、一日最高300万円まで送金できる。これで数回送金をして、日本円をカナダドルに変換。
換金レートにもよるけど、これで何とか、目標としていた20%以上の頭金が準備できそう。国境を越えてお金を動かすのって、思った以上に時間がかかるもんだ。特に、アメリカーカナダ間は911以降、特に時間がかかるようになった、と言われた。頭金は額も大きいので、他で立て替える訳にもいかないから、頭金が確実に準備できる、という確信が持てるまで、パパがえるもママがえるも、不安が募った。もし、頭金が準備できなかったら、どうなる???と。眠りも浅いし、胃も痛くなった。
[PR]
by kokaeru2 | 2012-12-16 05:56

住宅ローンを組む

家が決まったので、今度は本格的に住宅ローンを考えなければ。以前、S銀行のNさんとお話をして、だいたい、借りられる上限は分かった。後は、どれだけ頭金を集められるか。いろいろとかえる家の資産(大してある訳じゃないんだけど)を調べてみると・・・・日本とアメリカからカナダにお金を移す必要がある。銀行に入れていても利率が低いので、利子なんてほとんどつかない。一方、家の値段は、年6%で上がっているそうで、こちらの方が利益率は高く、将来子かえるたちの学費のために、と思って取っておいたお金も、頭金にまわすことにした。お金をかき集めてこないと・・・・返済が大変になる。子かえるたちには、大学に行くなら、成績を良くして奨学金をもら得るようになるように、と宣言しておいた。
他の銀行の話を聞いてみよう、ということで、R銀行とM銀行のローンの専門家と予約を取った。R銀行もM銀行もちょっとずつ定期預金がある。R銀行の人と話したときには、各銀行の住宅ローンの違いとか金利と期間の違いについて、また法律家の関わり、受け渡しの日(カナダではClosing dayと言います。)までの流れなどを大まかに説明してもらった。大変勉強になった。一方、M銀行では、もう3軒目で、他の銀行とも話をしている、と言ったら、数字は言えないが、他より確実にいい金利にする、と言ってくれた。今、低金利で、5年の固定金利の場合、かなり金利が低いです。S銀行のNさんのセミナーでは、S銀行は、住宅ローンを最大3つに分けて、それぞれ別の年数に設定できるので、短くて低い金利と長くて高めの金利を組み合わせることができる、と説明してくれた。ところが、R銀行のKさんは、短くて低い金利と長めの高い金利を組み合わせても、5年の固定金利にしていた方が、得することを数字で見せてくれて、なるほど・・・・住宅ローンをどうするのか決めるには、銀行の人の言いなりになるのではなく、自分たちも勉強する必要があるなあ。
最終的に、どこか一つの銀行に決めないと行けない。R銀行では、住宅ローンだけでなく、将来子供の学資、車の買い替えなのでお金を借りる必要になったとき、20%以上に用意した頭金をクレジットとして借りることができるのだ。住宅ローンが残っていると、なかなかお金が借りにくいかもしれないので、なかなか魅力的なシステムです。ただ、M銀行はもっといい金利を出してくれるので、こちらも捨てがたい。それで、R銀行に、今の金利よりもよい金利を提示してくれるなら、R銀行にしようかな、と交渉をした。親が得るが希望していた金利より、ちょっと高めだったけど、安くなったからいいか。そんなわけで、R銀行に決めちゃいました。
[PR]
by kokaeru2 | 2012-12-04 11:54

ちびちびかえるを迎えに

あっという間に一週間がたってしまった。水曜日にはちびかえるもキャンプから戻ってきたので、入れ替わり、という感じだった。
お迎えは朝10時までに来てくれ、と言うことで、早くから出発。途中で、マクドナルドやTim Hortonで朝ご飯を調達しながら、アルゴンキンへ向かったが、これまた雨が降ったりやんだりの生憎の天気。船に乗っているときは、雨に降られたくないよね、と願いつつ、船着き場に着いたときは、雨がやんでいたのだが、しばらくして、ぽつぽつ降り出した。なかなか連絡がつかず、やっと迎えに来てもらったときは、小雨になっていた。入れ替わりで、島から出てきた看護婦さんからちびちびかえるはキャンプをとても楽しんでいたと教えてくれた。彼女曰く、ちびかえるはとても静かで、それと相反して、ちびちびかえるは賑やかだったそうだ。
船が島に近づくと、ちびちびかえるとルームメイトが、桟橋のところで出迎えてくれた。また、ちびかえるはカウンセラーたちに会うと、戻ってきたのか!と声をかけられていた。ちびちびかえるたちは自分たちのキャビンを案内してくれた。荷物はもう既にまとまっていたので、後は担ぐだけ。ちびちびかえるの他のルームメイト二人は、まだ迎えに来てもらっていないようだった。と言うことは、そんなに慌ててこなくても良かった?!この辺が、カナダ(北米?)らしいところかな。
ちびかえるの補習校の友達がちびかえるの後のタームのキャンプに来ていて、カメラを持って行き忘れたので、届けに行った。本人には会えなかったが、キャビンに行ったら、偶然かもしれないが、ちびかえるが使っていたベッドを使っているようだった。カメラは、カウンセラーに預けて、島を後にした。ちびちびかえるはルームメイトに来年も会おうねと約束して。え!!来年も行くんですか?ちびちびかえるは、キャンプを楽しんだようだった。親がえるがいなくても、やっていけそうです。
かえる家がやっと全員揃った感じ。かえるの車の中は賑やかだった。うるさいくらい・・・もう、あの静寂はなくなった。(なくなると寂しくなるものだ。)キャンプ場で長めに滞在してしまったので、予定より遅くなってしまったが、帰りにはアイスクリーム屋によって、ちびちびかえるとママがえるはアイスクリーム。お昼は、とても人気の高速沿いのバーガー店。いつもすごい列で人が待っているのだ。反対車線からもお店に行けるように、歩道橋まで造られているという、反響ぶり。最近ハンバーガー大好きの子かえるたちも大喜び。炭火焼きのハンバーガーで、余分な油が抜けているのでなかなかおいしい。でも、あっという間に食べ終わってしまうわ。
帰ってから、JFTのサッカーへ大急ぎ。忙しい子かえるたちである。
[PR]
by kokaeru2 | 2012-08-10 22:55