トロントの乳ガンの研究室でラボマネージャをしているママがえるの子育て日記


by kokaeru2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ニューヨーク引越し( 2 )

トロントの家も何とかしなければ行けないけれど、今度行くニューヨークでも住む所を探さないと。家を借りるか、家を買うか。ちょっと郊外になると、ほとんどが一軒家で、一軒家の場合家を借りると家賃がべらぼうに高い。それに、もう一度引越しをしなければならない。引越しは二回もしたくないので、買うことにしようかな。
親がえるが12月の初めにニューヨークに行った時、ママがえるだけが家を見に行った。その時は、時間がなくて、あまりゆっくり見れなかった。一度家族でニューヨークに行って家を見学しないとね。一月のPAデーを使って金・土・日とニューヨークに行くことにした。車で10時間。金曜日と日曜日は移動日だ。土曜日の午前中に住宅ローンの事について話し合って、午後から家の見学となった。
金曜日は、朝早くから、といっても7時頃だけど出発。国境を越える前にカナダ側のマクドナルドで休憩がてらの朝ご飯。マクドナルドはWiFiが入るので、子かえるたちはインターネットゲームが出来るので大喜び。でも、道中長いからのんびりは出来ないんだよね。バッファロー、ローチェスター、シリキュウスを経てニューヨーク州の内陸を通ってウィンチェスターへ。アメリカの高速道路は、有料区間があって、もうフリーウェイじゃないんだな。かえる家が住もうと考えているのは都市部ではないので、あまり選択肢がなかったけれど、一番近くて安いモーテルがあった。明るいうちにホテルに着くことが出来て、よかった。ちょっと休憩をしてから、晩ご飯を探しににぎやかな通りへ。もう暗くなってしまったし、土地勘もないから、よくわからない・・・何とかチャイニーズレストランを見つけて、テイクアウトにして、モーテルで食べることにした。テレビを見ていたら、次の日の天気は雪だって。それも5センチ以上降るみたい・・・げげ!!
朝、起きてみたら、外は白かった・・・モーテルは、朝食付きで、フロントに置いてある。フロントの間を往復して部屋で朝ご飯。モーテルの駐車場で雪で立ち往生する車もいる。朝はローン会社の人と会うことになっているんだけど、大丈夫だろうか。実際道路に出てみると、除雪車がせっせと動いていて、かなり道は雪が除雪されている。道が細いので、トロントのような大きな除雪車は見ないけど、ちゃんと除雪してくれるのね。朝早くて、車も少ないので、ちょっとドライブしながらローン会社に向かった。会社のドアの前、誰もいないし、開いていない。あれ??間違った?携帯はないし、インターネットにも繋がらないから、どうする??と悩んでいたら、やってきました。雪かきをしていたら、遅くなってしまったそうです。予定外の大雪でしたからね。ミーティングでは、かえる家がどの位資産があって、お金が貸せるかチェック。何とかお金は借りられそうです。まだ、アメリカで働いていないし、不確定要素が多いので貸す方も信用してくれるか、ですからね。ボストンに住んでいた時のクレジットヒストリーは古すぎて使えないようです。無事、ミーティングが終わり、次は本題の家の見学。エージェントの方とは駅前で待ち合わせをしました。ママがえるが住みたいと思っている町は小さいので、あまり物件が出てきません。なおかつ、冬なので物件数が少ない。勿論、高い家もたくさんあるんだけど、かえる家の予算だと、物件数は少ない。それで、今回は時間もあるので、お隣の大きな街の家も見てみましょう、ということになった。最初に小さい街の家を三軒。最初の一件は前回ママがえるが一人出来た時にも見せてもらった家なのだが、値段を下げたら、3つもオファーが来てもう交渉中。駅から近いのは魅力的だけど、庭も狭く(パパがえるは喜ぶかもしれないけど)大きな通りに近くて、子かえるたちはユックリ遊べる感じがしない。それに、古いのだ。築100年。唯一魅力的だったのが、タンクではなくて瞬間湯沸かし器がついていること。次の家も全開見せてもらった家。駅から遠いのが難点だけど、近くにバス停があるので、通勤には何とかなりそう。周りは静かで、家も手入れが行き届いている。庭が広いので、パパがえるは嫌がるかもしれない。唯一の難点は、高圧電線がそばにあること。子かえるたちも気に入っていた。次の家は、値段も高いし、車がないと駅まで出れない。それに、学校からも遠い。冷やかし程度に見せてもらった。
その後、大きな街の家を見に行った。4件目の家はガレージがなかった。それに、暖房は重油を使っていて、そのタンクが家の中にある。あんまり重油の暖房は避けたい。五番目の家は、駅まで歩いても行ける範囲で、学校もそんなに遠くない。ただ、大きな通りに面しているので、車の出し入れとか大変そう。それに、子かえるたちも外では遊べない。家は広い割りに、値段も悪くない。ただ、台所は入る前にリノベーションしないとね。
二件目の家が一番候補だけど、どうなるか分からない。エージェントの人に、かえる家が泊っているモーテルの近くに美味しい日本食のレストランがあると教えてもらって、晩ご飯はちょっと奮発して、そこにした。日本人の方の経営しているお店で、美味しかったです。明日は、トロントに帰るぞ。
帰りは天気もよく快適なドライブだった。雪に降られて帰れなかったらどうしよう、という心配もなかった。でも、ニューヨークまでは遠いわ。
[PR]
by kokaeru2 | 2015-01-24 04:10 | ニューヨーク引越し

住む所を探す

ニューヨークに移動が決まって、一番最初に考えるのが住む所。幸いなことに、トロントで知り合った方で、アメリカに移ったり、アメリカから来られた方がいたので、その方達と連絡を取り、どうやって住む場所を探したのか教えてもらった。もう子かえるたちが大きいので、学校区は一番気になる。北米の常識:教育レベルの高い所は住むのも高い。学校・学区のレベルが分かるウェブサイトがあるので、そこを参考に教育レベルの高い地域と通勤し易い地域を重ねて行った。出来れば、その学区だけがいいのではなく、周りも高い地域をと探して行くとWhite Planeの南側の地域にたどり着いた。グランドセントラルから電車で30分ちょい。グランドセントラルから職場のラボまで歩いて20分位なので、確実に今より通勤時間は長くなる。それに、電車はトロントでいうとGO Trainのような、一時間に2本か3本しか走っていない。地下鉄と比べて、それに乗り遅れたら、待ちぼうけだ。なので、電車の時間にかなり縛られてしまう。それでも、やはり校区のいい所に住みたい。きっと、その辺もマンハッタンへの通勤圏内のはずだから、なんとなかるはず。ニューヨークやニュージャージー、コネチカット州でも賃貸物件を探すのは大変なようだ。基本的に、マンハッタンに住む気はないので、その周りの住宅街に絞り込む。トロントと比べて、コンドが少ない。つまり、借りれるのは一軒家かアパート。現在一軒家に住んでいるかえる家が、アパートに戻ると言うのは、至難の業だ。だって、増えてものを減らさなければならない。そりゃ無理だ。で、一軒家を借りるとなると、お家賃が少なくとも月30万円以上。これも辛い。トロントでコンドを借りていた時でも17万円以下しか出したことがないのに、その倍なんて・・・なら、家を買う?何とか、かえる家でも手が出そうな家もちらほら存在する。勿論、上を見たら数億の家もあるそうだ。(怖くて見れない・・・・)
住みたいな、と思った地域で家も探せそうだ。あとは、自分たちに合う家に出会えるか。
こればかりは、ママがえるもコントロールできない。後は、神様に祈るのみ。神様は私たちに必要なものを用意して下さるのだから。
[PR]
by kokaeru2 | 2014-11-14 04:35 | ニューヨーク引越し